1ドリンク定期券サービス「ウェルカム・ドリンク・セッション」完全無料の加盟店募集ページへようこそ(サービス概要はこちら


What

ウェルカムドリンク:飲食店は何をするの?

1.ウェルカムドリンクを1つ以上決める

原価に差し支えのない、かつ魅力的なドリンクを決めます。(通常量の7割程度もしくは180ml以上)

 

2.定期券ユーザーにドリンクを出す

やって来たお客様に、おもてなしの1杯を提供してください。

 

3.定期券の店頭販売

仕入費・運営費とも無料売上の約半分が貴店のものです。販売ノルマもありません。



Data

チラシやクーポンで「無理に囲わない」。

※:弊社調査2015年10月都内テスト販売および11月アンケート調査(対象者:1144人)
※:弊社調査2015年10月都内テスト販売および11月アンケート調査(対象者:1144人)

1杯無料でも、お客様の95%は帰りません。

 

1杯の飲まれたら、すぐ帰ってしまう?  

いいえ、95%の方が次のメニューを注文しました(※)。

 

無理に囲い込みをしない。

まずは、1杯飲んでもらう。

露骨な営業よりも、スマートにファンになってもらえる。

 

なにより、

あなたがチームに加わることで、下火の外食産業が再び活気づくのです。

 

完全無料のWDS加盟店になっていただけることを、心からお待ちしております。 



 Benefit 

参加で得られる4つのメリット

飲食店ならどこにでもある「ドリンク」を共通のことばとして創ったブランドです。他のお店からの来店が十分期待できます。

本サービスは1ヶ月定期券で、紙切れのクーポンではありません。週1程度の「プチ常連客」は、週2・3へと来店頻度が向上します。


本サービスは導入コストや仕入コストはございません。すでにあなたのお店にあるドリンクが武器になるのです。

定期券の価格は1枚2,500円。通常の委託販売手数料は2~3割程度ですが、我々は50%を進呈します。



 

ENTRY

お申し込み(無料)

(お問い合わせはこちらから)

申込後、3営業日後を目途に結果通知を致します。

認定後、定期券・加盟認定証・チラシ等の納品後、かんたんな導入教育をお電話にてさせていただきます。

 

メモ: * は入力必須項目です

 

記:加盟規則

(必ずお読み下さい)

加盟店規則
ウェルカム・ドリンク・セッション株式会社(以下、「甲」という。)と、甲の行うサービス「ウェルカム・ドリンク・セッション」に加盟する飲食店(以下、「乙」という。)とは、乙が甲の加盟店として甲の製品について断続的に販売等を行うことに関して、以下のとおり加盟店規則を定める。
第1条(目 的)
甲は、甲の製品1ヶ月ドリンク定期券「WELCOME DRINK SESSION」(以下、「本製品」という。)を売渡し、乙はこれを第三者に販売する目的で甲から買受け、本規約に基づき業務を行う。

第2条(取引形態)
甲乙と取引については、原則以下のとおりとする。
(1) 取引は、乙の加盟申込を行い、甲がこれを承認し効力が発生するものとする。なお、甲の承認は本製品もしく は本製品の販促品の納品をもって行うことができるものとする。
(2)甲乙は、消化仕入方式にて取引を行うものとする。

第3条(売買代金)
本製品の取引に関する価格は、以下のとおりとする。
(仕入価格:1,250円/枚(税込) 希望販売価格:2,500円/枚(税込))

第4条(数量)
乙が甲より預かる本製品数量は、以下のとおりとする。
1回目:席数に応じ決定
2回目以降:甲乙協議の上決定

第5条(甲の職務)
甲は本製品の生産者として、乙に対し以下の職務を行うものとする。
(1) 本製品の納品業務
(2) 本製品に係るプロモーション業務
(3) 第5条第2項に係る本製品の販売業務
(4) 乙の職務の補助を目的とした連絡および告知業務

第6条(乙の職務)
乙は本製品の特約販売店として、以下の職務を行うものとする。
(1) 本製品の販売業務
(2) 本製品の販促品の掲示業務
(3) ウェルカムドリンクの選定
(4) エンドユーザーに対するウェルカムドリンクの提供
(5) 本製品について受注数の掌握および甲への報告業務
(6) 本製品販売時の顧客情報の収集および甲への報告業務
(7) エンドユーザーへの認知向上の企図を目的としたイベントおよびプロモーションへの告知補助業務
(8) 加盟店同士の交流を目的としたイベントおよびプロモーションの告知補助業務

第7条(乙のエンドユーザーに対する販売時の注意事項)
乙は第6条第3項および第4項の職務を行う場合、以下に規定する事項を厳に留意しなければならない。
(1) ドリンクの選定は、原価やエンドユーザーの需要を鑑み、1品以上決定する。
(2) ドリンクは、水、ミネラルウォーターまたはそれに準ずるものを決定することはできない。
(3) エンドユーザーに提供するドリンク量は、通常量の70%以上もしくは180ミリリットル以上とする。 ただし、ショットドリンク等通常量が180ミリリットル以下の場合は、この限りでない。
(4) 本製品はウェルカムドリンクである性質上、食後での提供はできないものとする。
(5) エンドユーザーから本製品の提示を受けた場合、設定したドリンクを伝達後、希望されたドリンクを提供する。
(6) エンドユーザーから購入の意思を受けた場合、カード裏面に期限日、乙の店名を記載し、エンドユーザーに必 要事項の記入をさせたのちに販売するものとする。

第8条(割引規定)
本製品における割引については、以下のとおりとする。
(1) リピート購入:エンドユーザーが期限失効済みかつ乙から購入した本製品を持参した場合、100円の割引とする。割引額は全額乙の負担とする。
(2) プロモーション:甲が定める期間限定のプロモーション等を行った場合、1,000円未満の割引を行う。割引にかかる負担額は甲50%、乙50%とする。
(3) その他:甲乙相互に協議するものとする。

第9条(代金の支払い)
甲より引渡しを受けた本製品の購入代金を、その引渡しのあった月の末日締め翌月末日現金払いにて支払うものとし、その支払いは、甲の指定する銀行口座にて行うものとする。

第10条(通知)
甲乙間での業務実行に係る通知については、原則以下のとおりとする。
(1) 甲から乙に対する本製品の引き渡しについては、原則郵送または使送をもって行うものとする。
(2) 甲から乙に対する納品書は、本製品の請求書の記載を以て充てることができるものとする。
(3) 乙から甲に対する本製品の残数報告については、第10条における月締日翌日から起算し3日以内に遅滞なく行うものとする。なお、乙の管理下において本製品を紛失した場合、乙はその内情に関わらず請求を受けるものとする。

第11条(規則の改正)
本規則は甲の判断により改正できるものとし、改正後は乙に通知を行うものとする。また、乙の異議が無い場合は書面での同意を省略することができる。

第12条(期限の利益の喪失)
次のいずれかに該当する場合は,乙は甲に対し直ちに債務の支払を請求できる。
(1)甲が乙に対する売買代金及びその他一切の債務につき支払い義務を怠ったとき。
(2)甲が差押え、仮差押え、仮処分の申立てを受け、あるいは公権力の処分を受けたとき。
(3)その他前各号に準ずる事態のほか、乙が債権保全を必要とする相当の事由が生じたとき。

第13条(瑕疵担保)
乙は甲から購入した本製品についてすみやかに検査を行い、甲の責に起因する瑕疵が発見されたときは、当該本製品の引渡後1か月以内に限り、代替品との交換を無料で行うものとする。

第14条(有効期間)
乙が本規約に同意した場合の有効期間は、同意をした日より1年間とする。当該期間満了時において、同意しない場合は、甲に対し、当該期間満了の1ヶ月前までに通知するものとする。本通知がなされない場合は、本規約に同意したとみなし同一の条件で1年間更新されるものとし、以後も同様とする。

第15条(規定外条項)
甲および乙は、本規約に定めのない事項が生じたとき、又は本契約の条項の解釈について疑義が生じたときは、相互に協議の上誠意をもって解決に当たるものとする。

第16条(合意管轄)
甲および乙は、本規約に関して紛争が生じた場合には、甲の住所を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとする。